NEUMANN KH 120 A W (ホワイトモデル)【ペア】-その他



※こちらの商品はメーカーからのお取り寄せとなる場合がございます。その際は納期に1週間~10日程度お時間を頂きます。予めご了承くださいませ。

スタッフブログにて紹介中!

Neumann社のマイクロフォンは、世界中のレコーディングスタジオ、放送局、ステージなどで多くの方に愛用されています。マイクロフォンだけでなく、ミキシングコンソール、カッティングマシンに至るまで、常に革新的な技術をもってプロオーディオ業界をリードし続けています。

そして2011年、Neumannは新たにスタジオモニターマーケットに参入します。ハイエンドオーディオブランド「KLEIN-HUMMEL(クライン-フンメル)社」の技術を投入した、原音に忠実な高品質スピーカーです。その最初のプロダクトが、"KH 120 A"です。

極めて優れた特性、広いスイートスポットを実現するスピーカー部

コンパクトなアルミニウムキャビネットに、25mmツイーターと130mmウーファーを使用しています。ツイーター部には低歪チタニウムツイーターを使用し、そのキャビネット部分にはMathmatically Modelled Dispersion(MMD)テクノロジーを採用しています。この組み合わせにより、音響軸外の特性を大幅に改善し、部屋の音響特性による影響を低減させることができます。

コンポジットサンドイッチコーンを採用したウーファー部は分割振動を抑制し、ロングスロードライバによる大音量時の歪みを低減しています。

また2個の大きなフロントダクトを採用し、低域の圧縮を低減することで、中継車のような狭い空間での低域特性を改善しています。

実用的な機能

突然の過大入力から電子回路を保護するピークリミッタを搭載し、その動作はフロント部のNeumannロゴの発光で確認できます。

部屋の特性に合わせたチューニングを効率良く行うために、4ポジションの低・中・高域のイコライザを搭載しています。また、4段階の出力切り替えが可能なスイッチ部と調整トリムも便利です。

KH 810(サブウーファー)とのシステム構築

7.1 High Definition Bass Managerを内蔵したKH 810(発売未定)のようなサブウーファーと組み合わせれば、システムとして18Hzの低域から再生し、システムの最大出力レベルをより高く保つことを可能にします。

仕様

  • ドライバ: 25mmツイーター、130mmウーファー
  • 周波数特性: 52Hz - 21kHz ±3dB
  • セルフノイズ: < 20dB(A)(100dB、0dBu@10cm)
  • 最大音圧レベル: 111.1dB SPL (100Hz、6kHz 平均)
  • ツイーターアンプ出力: 50W (ピーク時80W)
  • ウーファーアンプ出力: 50W (ピーク時80W)
  • クロスオーバー周波数: 2.0kHz
  • クロスオーバースロープ: 24dB oct、4th order
  • EQ Bass: 0、-2.5、-5.0、-7.5(dB)
  • EQ Low-Mid: 0、-1.5、-3.0、-4.5(dB)
  • EQ High: +1、0、-1、-2(dB)
  • プロテクション回路: リミッタ(Low、High)
  • 低域フィルタ: 30Hz 6dB oct
  • アナログ入力: XLR 10kΩ バランス型
  • 入力ゲインコントロール: 0dBu - -15dBu
  • 出力ゲインコントロール: 94、100、108、114dB SPL
  • CMRR: < 56dB @15kHz
  • ロゴ表示: 電源ON時は白、リミッタON時は赤
  • 電源電圧: 100V - 240V 50/60Hz
  • 消費電力: 200W(最大)
  • 寸法: W182 x H277 x D220(mm) リアパネルマウント用金具 (M8 x2)
  • 重量: 6.2kg (1本)
...

inspire bnote[Inkscape,GIMP]

RITTER/リッター RGS7-HB/BDT スタインバーガーベース用 ギグバッグ

NEUMANN KH 120 A W (ホワイトモデル)【ペア】-その他

サイトデザイン修正:行高さ見直し

各ページの行高さ修正